むかわ地域商社 M Dino Regional trading company in Mukawa-Hokkaido

Mukawa Development of Industry and Nature Organization.

私たちについてAbout

むかわの魅力を
発掘・発信し、
地域の想いを
“かたち”にする。

恐竜全盛の時代といわれる中生代後期白亜紀、その時代から7200万年という悠久の時を超えて現代によみがえったカムイサウルス(むかわ竜)は、国内外から多くの脚光を浴びています。この話題で注目を集める北海道むかわ町は、恐竜以外にも、海もあり、山もあり、そして雄大な川をもつ三拍子揃った美しい風景や、四季それぞれに豊かな自然の恵みがあり、これらもまちの自慢です。
地域が個性を競う時代、むかわが長年にわたって培ってきた暮らしや歴史、文化、産業などを見つめ直し、そこに新たな価値を見出し、磨き上げていくこと。変わらない良さもあるけれど、変化も取り入れながら、“むかわ・らしさ” を未来へ繋いでいきたい。そんな想いから「M Dino(エムディノ)」を立ち上げました。地方創生のプラットフォームの一つとして、むかわの魅力を広く探求・具現化し、まちが持つ価値の最大化を目指します。
一人でも多くの方に認知され、幾度となく訪れたい場所に選ばれる地域となるよう、さまざまなサービスを展開。この地に暮らす人々のたくさんの想いをのせ、地域に誇れるまちづくり、ものづくりに真摯に取り組んでいきます。
M Dinoの和名は、「むかわ産業自然振興機構」です。Dinoは、フランス語で恐竜を意味する「Dinosaur(ディノソー)」にかけ、英訳した「Mukawa Development of Industry and Nature Organization」の5つの頭文字を使用して名付けました。

事業内容Service

7,200万年の
時を超えた
むかわ竜。

むかわ竜の化石レプリカに関する事業

国内での全身骨格が発掘された化石としては最大となるこのむかわ竜。日本国内のみならず世界の恐竜ファンから注目されております。頭部から尻尾の部分まで、忠実に再現された全長約8メートルのレプリカがむかわ町にあります。

ただいま準備中です

むかわに眠る
価値を守り継ぐ。

恐竜化石など地域資源に関する
知的財産権管理・運用事業

むかわ町から委託された、カムイサウルス(むかわ竜)の化石・レプリカなどの地域資源にかかる著作権、商標権、意匠権、特許権などの知的所有権を総合的に管理・運用します。さまざまなメディア展開、ツール展開も視野に入れ、国内のみならず海外においても生じる知的財産権問題に取り組み、新しい時代への発信を行っていきます。(令和2年11月頃からスタート予定)

「ものがたり」のある
まちづくり、
ものづくり。

オリジナル商品の企画・開発、
マーケティング・ブランディング、
販売促進事業

「恐竜・化石のまち」として知られるむかわ町ですが、魅力的な特産品もたくさん揃っています。さまざまなジャンルで、“むかわの良いもの”を創り、育て、その「ものがたり」とともに届けるのも私たちの役割です。むかわの歴史、自然環境などさまざまな地域資源を、地域の資産として再認識し、磨きをかけてブランド化することで、まちの価値を高め、その魅力を広くPR・発信し、知名度の向上と地域の活性化につなげていきます。

公式オンラインショップへ

「行ってみたい」
「応援したい」
“むかわファン”を
増やす仕掛けづくり。

観光におけるツアー企画・インフラ整備などの事業

モノ消費からコト消費へ、来訪者が求める観光の体験も変わりつつあります。むかわ町の自然や風土、受け継がれてきた文化をどう観光コンテンツに結びつけるか。外部のさまざまな企業とも連携し、オリジナリティーのあるツアーを企画するなど、むかわのファン・リピーターになってもらえるような仕掛けを用意するとともに、インフラ整備などにも力を入れ、より過ごしやすいまちづくりを目指して取り組んでいきます。

サポーター(協力者)を募集中

代表インタビューInterview

すべては
むかわ町の
未来のために

代表 遠藤 研二

夢はどこまでも大きく。
未来に向けて一歩ずつ、
着実な進化を続ける
「M Dino」にどうかご期待ください。

「地域の価値」を事業として創造し、持続可能なまちづくりと地域経済の発展を。

北海道胆振東部地震から2年、むかわ町は多くの被害を乗り越え、復興の真っ最中です。復興のシンボルとなっているのは、町が世界に誇る恐竜化石「カムイサウルス(むかわ竜)」です。7200万年の時を超えて現代によみがえった恐竜を起爆剤に、町に関心を持ち、応援してくれる人を増やしたいと、さまざまな取り組みを行っています。
その一つが、地域資源を活用したビジネス展開を目指す地域商社「M Dino(エムディノ:むかわ産業自然振興機構)」の設立です。カムイサウルス(むかわ竜)をベースに多面的な恐竜ビジネスを展開するとともに、むかわ町の自然や歴史、文化などの地域資源を生かし、特産品の開発や既存商品の新たな販路の開拓、マーケティングの支援などを手掛けています。
恐竜に特化した観光情報の発信や、ここにしかない特産品を紹介・販売するオンラインショップの運営などを通じて、むかわ町の多様な魅力を広く伝え、「むかわサポーター」を増やしていくこと。それを継続することで全国、そして世界へチャレンジできる産業の創出をめざします。「モノづくり」「まちづくり」で、地域の新たな魅力を掘り起こし、地域そのもののブランド力を磨くことが私たちの仕事です。

カムイサウルス(むかわ竜)は「町の財産」。恐竜ビジネスの可能性は無限大に広がります。

<世紀の発見>とされるカムイサウルス(むかわ竜)は、学術的な価値、教育的な価値はもちろん、ビジネスを生み出す産業的な価値も非常に高いものがあります。レプリカ(複製)ではなく、ほぼ完全な恐竜の全身化石を間近に見られる場所は、全国でもむかわ町・穂別博物館だけです。もっと多くの人に「恐竜の聖地=むかわ町」を知ってもらい、訪れてもらえるようPRしていきたいです。
20年7月1日からクラウドファンディングサイトで、恐竜のぬいぐるみとキーホルダーのセットの予約販売を開始しています。恐竜研究の第一人者である北海道大学総合博物館の小林快次教授に監修をお願いし、細部までこだわり抜いたカムイサウルス(むかわ竜)のぬいぐるみが特に人気を集め、おかげさまで販売開始後、初回生産分は2週間で完売しました。今後、町内やオンラインショップでも販売していく予定です。
むかわ町では、まだほとんど手付かずの恐竜ビジネス、その可能性は無限です。小林教授からも「北米には恐竜ビジネスで成功した町はあるが、日本国内ではまだない。むかわ町はこれに挑戦できる数少ない町の一つ」と応援の声を頂戴しています。今後もジャンルにとらわれることなく、世代を問わずに楽しめる商品・サービスを創出、展開していきたいと考えています。

厳しい時こそ、新しい道を拓くチャンス。そう信じ、地域とともに挑戦を続けます。

私は今まで、商社勤務の時も含め異なる業種の3社で経営者として会社運営を経験してきました。その中で肝に銘じているのは、「1人でできることは限られている」ということです。信頼できる仲間とチームを組んで、それぞれの役割を分担しながら運営していく体制を構築することが、経営者の最も重要な仕事だと考えています。そのためには、むかわ町に愛着を持って、楽しく、しかし、業務には厳しく、真剣に取り組んでくれる社員を採用していくことが重要です。
「Start Small, Dream Big」が私たちの合言葉です。今は組織も小規模で、資金も少なく、また新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、当面は経済的に困難な状況が続くことが懸念されます。順調に事業を進めていくのは、そう簡単なことではありません。でも、この町には磨けば光るものがたくさんあります。大切なのは、危機や逆境をチャンスに変える知恵と創意工夫、そして、発想の転換です。さまざまな方策を通じて恐竜ビジネスの土台を確立し、しっかりと足場固めをしながら、先を見据えた成長への布石を打ち続け、新しい事業の芽を育てていく。一点突破で利益を生み、町民のみなさまに還元して胆振東部地震や新型コロナの閉塞感を打ち崩していきたいと思っています。

遠藤 研二Kenji Endo

福岡県出身。長崎大学卒業後、三井物産に入社。イタリア、カナダ、米国に約10年間駐在。
2003年に独立し、中小企業を支援する経営コンサル会社を設立。2019年7月よりむかわ町のまちづくりアドバイザーに就任。
2020年4月1日に地域商社 M Dinoを設立。代表取締役に就任。むかわ町在住。

会社概要Company

会社名
むかわ地域商社 合同会社 エムディノ
代表者
代表取締役 遠藤 研二
所在地
北海道勇払郡むかわ町末広2丁目149番地2階
設立
2020年4月1日
事業内容
  1. 1.むかわ町の知的財産権管理などのライツ事業
  2. 2.商品開発にかかる企画・コンサルティング業務
  3. 3.観光における企画・インフラ設備などの業務
  4. 4.その他上記に付随する業務
むかわ町 恐竜ワールド MUKAWA DINO WORLD © 2020 M dino. TOP